PickGo/ピックゴーで初心者が案件に当選するには!!

PickGo

フリー(個人事業主)の軽貨物ドライバーと荷主を直で結び付けてくれるマッチングアプリ
PickGo(ピックゴー)ですが、YouTubeやSNSなどでは稼げる稼げないで意見が真っ二つに分かれています。

意見が分かれる理由は色々ありますが、今回は初心者でもPickGoで案件を取る為の
ヒントをお話ししたいと思います。

実際のところ、私が稼働を始めたのは閑散期であったにも関わらず、
PickGoのみで5日中4件の案件に当選し、68,000円ほど稼げました。
もちろんピックゴーは全くの初心者です。

PickGo(ピックゴー)自体の詳細については、YouTubeやネット等で多く情報がありますのでそれらを参考にしてください。

今回はあくまで初心者に向けた少しでも案件当選率を上げるためのアドバイスです。

折れない心

大げさと思うかもしれませんが、大切なことです。
なぜならPickGoはエントリー形式荷主がドライバーを選ぶシステムを採用しているのですが、これが全くと言っていいほど当選しません

10~20回エントリーして1回当選するかしないかと言われており、
50回以上エントリーしても当選しないなんて強者も中にはいるくらいです。

特に閑散期は案件が少なくなることもあり、中々当選しない苛立ちや不安から、この過程で辞めてしまう方も少なくありません。

それでもエントリーし続ける鋼の心と忍耐力を持った方が最終的に案件を勝ち取っていく訳です。

最低限やるべきこと

前述に「全くと言っていいほど当選しない」と記述しましたが、
頭に『やることをやらないと』と付け加えさせて頂きます。

これはどういうことかというと、
当選するまでと当選してからで最低限やっておいた方が良い作業があるということです。

【当選するまで】

  • プロフィールの編集※お客様からは見られないらしく意味がないとも言われています
  • エントリーコメント欄のテキスト作成
  • 案件通知設定

まずプロフィールです。
荷主はあなたと仕事をしたことが無いわけですし、あなたがどういう人間なのかという情報も持っておらず不安です。

もちろん文章だけで全てを伝えるのは不可能ですが、内容の薄いプロフィールでは選考枠にも入らないと思ったほうがいいでしょう。

荷主の立場に立って、どうすれば選んでもらえるのかを考えながら書けば、文章の苦手な方でも意外と荷主の心を打つような熱意ある良文が書けるものです。

また、PickGoでは案件にエントリーする際、プロフィールとは別にスキルや経験、意気込み等を入力して荷主へPRできるコメント欄があります。

PickGoが用意した定型文もありますが、自分で書いたPRの方が荷主も目を通しますし、選ばれる確率は上がると思いますので上手く活用していきましょう。

3つめの案件通知設定とは、PickGoの案件検索に荷主からの依頼が紹介された際にスマホへ送られてくる通知の設定です。

その都度スマホが鳴るので鬱陶しく感じるかも知れませんが、
通知が来た段階で案件内容を確認してエントリーしないと、エントリーボタンを押した時には既に他のドライバーで決まっているなんてことはざらにありますので、
出来ることなら通知設定はONにしておくことをお勧めします。

【当選してから】

  • ボタンを押すタイミング
  • 時間は厳守
  • 挨拶と態度

PickGoでは各ドライバーが持つ評価ポイントによって、高額案件のエントリーに制限が掛かります。

その基準は5.0pt中の4.9pt以上とかなり厳しく設定されているように感じますが、荷主からしてもなるべく評価の高いドライバーさんに来てもらいたいと思うので、致し方ないといったところでしょう。

※2021年1月現在、5.0pt満点から1000点満点に変更されており、ポイント維持の基準も多少変更されています。

そうなってくると、当然ポイントを下げない様にしなくてはいけません。
評価を下げてしまう理由にはクレームや遅配など色々あるのですが、
中でも『押し忘れ』と『押すタイミング』を間違えて点数を下げているドライバーさんが大半を占めます。

『ボタンを押すタイミング』は大変重要かつ間違えやすい項目になりますので、別にタイトルを設けて説明します。

後の2つ『時間は厳守』『挨拶と態度』に関しては当たり前のことですので説明を省きますが、しっかり実行しましょう。

【重要】ボタンを押すタイミング

ここでは当選してから案件を終了するまでの手順と、ボタンを押すタイミングを説明していきます。

当選してからの流れ↓

  1. 運行ガイドラインにチェックを入れて『確認ボタン』
  2. 集荷先に向かう時に『集荷先へボタン』
  3. 荷物を車両に積み込んだら『出発報告ボタン』
  4. 納品完了後『電子サイン』をして頂き『完了ボタン』

【確認ボタン】

まず、当選する案件欄に『運行ガイドライン』というチェック項目欄が表示されますので、
すべてをチェックして『確認しました』のボタンを押します。

【集荷先へボタン】←間違えポイント!!

次に集荷先へどうやって向かうかの選択ボタンが表示されます。
『高速道路で向かう/下道で向かう』の2択です。

これはどちらの方法で行くかの選択ではなく、押すタイミングで間違えるドライバーさんが非常に多いのでよく確認してください。

接車時間『最短』の場合はすぐに2択のどちらかを選びボタンを押して出発します。
高速料が表記されている場合は『高速道路で向かう』ボタンを押して、高速道路で向かいます。
(※渋滞等で高速道路より下道で向かった方が早いと判断した場合は、サポートに連絡してから下道で向かうようにしましょう。)

接車時間『時間指定』であったり『後日』の場合集荷先へ向かう時にボタンを押してから出発します。

押すタイミングが遅すぎたり早すぎたりすると減点対象になりますので注意して下さい。
※あまりにも距離がある場合は接車時間の1時間くらい前に押すのが丁度いいと思いますが、押し忘れには十分注意して下さい。
高速料が表記されている場合、接車時間に間に合うのであれば集荷先まで『下道で向かう』を選択して問題ありません。その代わり、集荷先から納品先までは高速道路で向かいましょう。

【出発報告ボタン】←間違えポイント!!

集荷先で荷物の積み込みが完了し、納品先へ向かう際に『出発報告』ボタンを押しましょう。←押し忘れが非常に多いので要注意です。

そして間違えやすいのが積み置きの場合です。

『積み置き』・・・集荷した荷物を車両で保管し翌日配送すること

翌日に配送だったとしても通常通り集荷が完了した時点で『出発報告』ボタンを押して下さい。

積み置きの場合、翌日に配送なのでついつい家から納品先へ向かう際に出発報告を押してしまう間違いが多いです。
これも減点対象ですので十分注意しましょう。

【電子サイン】を頂いて【完了ボタン】

納品先で荷物を降ろしたら『電子サイン』ボタンを押して納品先のお客様にサインを頂きます。
サインを頂いたら「ありがとうございました!」と挨拶をして『完了』ボタンを押して終了です。

余談ですが、ピックゴーではお客様にサインを頂く際はスマホ画面に電子サインを頂きます。

その際、指で画面をなぞってもらうのはちょっと気が引けてしまいますし、
お客様からしても決して気持ちのいいものではないと思います。

そのため、私の場合はお客様用にタッチペンを用意し、それでサインを頂いています。
ペン自体はサインを頂くだけなので、100均クオリティーで十分だと思います。

※納品書等をスマホカメラで撮影しPick Goに提出する場合もあるので案件内容をよく確認しましょう。

評価ポイントを死守

多少関係することは前述でも書きましたが、PickGoの当選率を上げるポイントの一つに評価ポイントを下げないことが挙げられます。

ただ、一度減点されたポイントは大体がそこから14件連続で100点評価をもらわないと4.9pt以上に評価が戻りませんので注意が必要です。

サポートによると人気案件はエントリーが集中してしまうことによるサーバーのパンクを回避する為に『エントリーの集中する案件に関しては高評価のドライバーのみエントリー出来るように制限を掛ける』とのことですが、
エントリー制限に関しての明確な基準は今のところ設けられておりません。

私も4.9ptを割ってしまっているのですが、
自身の感触としては12000ptのラインがエントリーできるできないの境界線になっているイメージです。
しかし、稀にイレギュラーで20000pt近い案件にエントリーできることもあります。
このケースで当選したことは今のところありません。

新人の方でも評価1000点満点であれば、15000~20000ptくらいの高額案件も当選しますので、何としても満点評価は死守したいですね。

立ち回り

これはPickGoに限った話ではないですが、軽貨物で高収入を得ているマッチングアプリ系のドライバーはただスマホの画面を見てポチポチ案件検索をしている訳ではありません。常に効率よく動いています

当選案件からその後にどう繋げるのかどこで待機していれば案件に当選しやすいのか等を常に考え行動しています。

今回はPickGoに関しての記事ですので同マッチングアプリに的を絞っての説明でしたが、案件が薄いなと思えば使えるものは全て駆使するというのが私から言える答えのようなヒントになります。

まとめ

最後はピックゴーの案件とは関係のない話になってしまいましたが、
これから先ドライバー評価はAIが選別していく時代になっていきます。

大切なのはピックゴーを含めたマッチングアプリ運営側の要求をいち早く理解したうえで、それらをなるべくミス無く確実にこなしていくということです。

新規参入する際の分かりやすいマニュアルが無いことに疑問を感じる気持ちも分かりますが、運営側の提示する規約等をよく読んで理解し、YouTubeやブログ等から情報を自ら拾い集めてくるスキルもこれから先評価の対象になってくるのかも知れません。

何はともあれ、自分で考え行動することで少なからず結果は付いてくるはずです。

稼げないことはありません。
どんな職業にも言えることですが『やり方次第』です。

他にも軽貨物に関する記事を書いておりますので、是非読んで頂ければと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。


コメント